乳腺炎の自己対処法

それでは自分で治せる簡単な対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずはマッサージです。早めの時期に授乳を開始すれば、マッサージの必要性はないのですが、タイミングが遅れてしまった人にとっては有効な手段といえるでしょう。インターネットや本などでその方法は紹介してありますが、自治体の育児支援室などを訪れてみるのもよいでしょう。料金がかかる場合がありますが、自己流のマッサージでかえって悪化させてしまうのもよくありません。
お金を掛けたくないという人は、経験者の知り合いを探してマッサージ法を伝授してもらうとよいのではないでしょうか。孤立した育児のストレスが原因を招いている場合もありますので、そのように人に聞いたりすることはよい策でしょう。

また、ドイツでは、母乳中の母親が授乳に適したハーブティーを飲んでいるのはご存知でしょうか。そのおかげか、授乳に関するトラブルを発症する人はごくごく稀ということですので、ぜひ真似してみたいと思いませんか。日本人向けに開発された授乳ブレンドのハーブティーが売られています。内容は母乳を良質にするハーブや、血液や乳腺をサラサラにするハーブ、赤ちゃんの免疫力や健康を手助けするハーブなどです。
授乳中の母親が口にするものですので、品質に関しては最大限に配慮されており、化学物質を一切使用せず、完全無添加のオーガニックハーブです。母親同士のランチの際に、お茶として皆で飲んでみるのも楽しそうです。